MENU

まんこのニオイと食生活の関係はある?

 

お風呂に入るときや着替えの最中についつい気になってしまう、デリケートゾーンのあのニオイ。

 

暖かい季節になると、ムレや強烈な痒みをともなう場合もあり、どうにかしたいと思うものです。

 

もちろんご自分で気づかれたという方も多いのですが、身近な人から指摘された、あるいは恋人からニオイがすると言われて初めて分かったという方もいらっしゃいます。

 

特に、他人から指摘されると「すごく恥ずかしい」「嫌われてしまったらどうしよう」といった精神的なショックも非常に大きく、早めの段階での改善が望まれています。

 

厄介なまんこのニオイ対策としては、まんこのむだ毛を減らしてしまうことや、デリケートゾーン専用のニオイクリームを使うことなどが一般的によく知られています。

 

汗などが原因で発生するニオイには外側からのケアも大変効果的なのですが、やはり体の内側からも解決策をとりたいとお考えの方も増えてきています。

 

ニオイの中には、体の内側が発生源となっているものも多いからです。これらの解決には、やはりインナーケアが重要となってきます。

 

まんこのニオイの軽減には、ふだん使っている下着や洋服の通気性を良くしたり、入浴時の洗浄やその後の衛生管理に気をつかうなどたくさんの方法が知られていますが、実は食生活も少なからず体のニオイに影響しているということをご存知でしょうか。

 

まんこのニオイをより強めてしまう食べ物はどんなものなのか、そしてまんこのニオイを減らしてくれるお役立ち食材は何なのか、ご紹介していきます。

 

 

まんこのニオイによくない食事はどんな物?

 

強烈なニオイを放つ食べ物として広く知られているのは、やはりニンニクです。

 

また、餃子などに使われているニラも強いニオイがあります。

 

この二つの食材はともにユリ科の植物で、まんこのニオイを気にされている方はなるべくこれらの食材を控えることが重要です。

 

焼き肉やこってりした料理などでたくさんニンニクを食べてしまったときなど、食後しばらくしてご自分の体から強烈なニオイが発生していることに驚いたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

また、周りの方が臭ったという場合もあるでしょう。

 

いずれにしても、そのとき身に着けていたものにもかなりのニオイがついてしまうので、特に注意すべき食材です。

 

とはいえ、ニンニクやニラは色々な料理に活用できますし、あの独特の風味がおいしいのでやめられないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

もしどうしても好きで食べたいという場合は、少しずつ適量を守って食べるのが大切です。

 

また、ジャンクフードや揚げ物など、カロリーが高く、合成添加物や漂白剤、油脂分や塩分を多量に含む食べ物は避けましょう。

 

合成添加物の中には消化が悪く内臓に大きな負担をかけるものも多いため、健康のことを考えても控えるのが得策と言えます。

 

さらに、タンパク質が多く含まれ、筋肉をつくるのに役立っている肉類ですが、これも大量に摂取してしまうと腸内環境を乱すことになります。

 

肉類の消化がうまくできないと腸内ガスが発生し、おならが臭くなるだけでなく体臭にも表れてきますので、まんこのニオイを気にされている方は摂りすぎに注意しましょう。

 

タンパク質は体をつくる大事な栄養素ですので、もし多めに摂りたいときには、肉を魚に切り換えたり、納豆や豆腐などの大豆タンパク質に代えていくことができます。

 

大豆は食物繊維や女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンなども含むので、ぜひ取り入れていただきたい食材です。

 

まんこのニオイを抑えてくれる食材はどんな物?

 

まんこのニオイを抑えるためには、根本的な体質改善が必要になってきます。

 

まずはビタミンやミネラルを含む野菜や果物を多く摂ることから始めましょう。

 

まんこだけでなく体全体のニオイが気になる方の中には、明らかに野菜と果物不足の方がいらっしゃいます。

 

現代人は偏食やストレスなどで栄養素が十分に足りていない可能性が高いため、積極的にこれらの食材を摂ることが大事です。

 

イヤなニオイを抑えるためには、腸内環境を整えていくことが一番です。

 

食物繊維を豊富に含む野菜や果物、さらに海藻やナッツ類は、お腹の調子をととのえるのに最適な食べ物とも言えます。

 

便秘になると体臭が発生する人もいるため、お通じを良くすることはニオイ予防に必須とも言えます。

 

ちなみに、食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがありますが、まんこのニオイでお困りの方には、水溶性をより多く摂取することがおすすめです。

 

根菜などに多く含まれる不溶性食物繊維も、もちろん腸の蠕動運動などに大きく関わっていて腸内環境改善に役立っています。

 

しかし、不溶性は摂取しすぎると腸の出口で詰まってしまい、かえって便秘になる方もいらっしゃいますので、適量を守るように気を付けましょう。

 

まんこのニオイを減らす食生活は?

いくらまんこのニオイの悩みを解決できるからといって、いきなり今までの食生活を極端に変更してしまっても、長く続けていくのが困難になってしまいます。

 

そこで、気持ち良く楽しくおいしくニオイ対策をするためにぜひ試してほしいメニューをご紹介します。

 

どれも時間をかけずにできるものですので、試してみてください。

 

 

 

まずはグリーンスムージーです。

 

ミキサーさえあれば、お好きな野菜、果物などを入れてかくはんするだけなので、朝は仕事や学校で時間が取れないという方にもビタミンやミネラルや食物繊維を手軽に摂っていただけます。

 

特に小松菜はスムージーに非常に使いやすい野菜であり、普通に食べるよりもずっと多くの量を取り入れることができるので、ストックしておくことをおすすめします。ミキサーにかけるだけで、消化に良いのもポイントです。

 

また、間食を健康的なものに変えていくのも重要なポイントです。

 

まんこのニオイが気になっている方で、おやつはジャンクフードや砂糖をたっぷり使った甘い物という方はいらっしゃいますか。

 

ニオイの解決には、ヘルシーなおやつの活用も大切になってきます。

 

たとえば、お腹が空いたら生の果物やドライフルーツ、ナッツなどを食べるようにします。

 

それまで脂っこいものや甘いもの、味の濃いものを食べていた方には初めは物足りなく感じられるかもしれませんが、慣れてくるとどれも自然な味でおいしいと思えるようになります。

 

これらの食材はミネラルや食物繊維を豊富に含みますので、発酵食品のヨーグルトと混ぜて食べればニオイの軽減にも役立つおいしいおやつが完成します。

 

ヨーグルトにトッピングする食材でまんこのニオイ対策に繋がるものとしては、ほかにアボカドやグラノーラ、はちみつがおすすめです。

 

まんこのニオイで人知れず悩んでいる方の中には、繊細な悩みのために誰にも相談できず、対策法が分からずに困っている方も多いと思います。

 

しかし、以上のような食生活の改善によって、イヤなまんこのニオイをかなり改善することは可能です。

 

どの食材も身近にあるものばかりですし、少し気をつければ簡単にニオイを減らすことができるようになっています。

 

お金も手間もそれほどかからないため、学生さんや若い方、節約したい方でも手軽にニオイケアを続けることができます。

 

まんこのニオイは体質的なものだから、減らすことはできないと思い込んでいた方も、おいしくて健康的な食材をうまく取り入れて、悩みのない明るい毎日を過ごしていってください。

このページの先頭へ