MENU

まんこから玉ねぎの臭いがする原因と対策方法は?

女性のまんこは基本的に何らかの臭いを発生させることが多い場所になりますが、その中に玉ねぎの様な臭いがしていると言う方がいらっしゃいます。

 

この臭いは比較的刺激の強い臭いになりますので女性にとっては大きな問題になっていますが、その対策は意外と簡単な物になるとされています。

 

 

まんこから玉ねぎのような臭いがする原因は?

まず、まんこから玉ねぎ臭がする原因として真っ先に挙げられるものはすそわきがになります。

 

すそわきがはわきがと似たような臭いがまんこや乳首周辺からする症状を指していますが、文字通り基本的にはわきがと同じ事が原因になっています。

 

わきがもすそわきがもその原因になるのは汗腺から排出された汗になっていて、その中でもアポクリン汗腺から排出された汗が原因になります。

 

人間にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の汗腺があるのですが、このうちアポクリン汗腺から排出された汗は脂質やたんぱく質が含まれているので臭いがしやすいと言う特徴があります。

 

また女性のまんこと言う物は基本的に汗が溜まりやすく湿気がこもりやすい場所になりますので、排出された汗が残りやすく臭いが発生しやすい環境にあると言えます。

 

まんこから玉ねぎのような臭いがする場合は性病の可能性があるの?

上記のようにまんこの玉ねぎ臭は汗が原因になっていますが、女性の中には性病の可能性を疑う方がいらっしゃいます。

 

実際に性病の可能性もゼロでは無いのですが、この時には臭いよりもオリモノの色や形状の方を気にした方が良いとされています。

 

一般的に性病にかかった際にはオリモノに変化が現れるとされていて、白濁職や黄色や緑など色の変化が見られますしドロドロした形状に変化するケースも見られます。

 

なので、ある時を境に急にまんこから玉ねぎ臭がするようになった場合を除いて基本的には性病の可能性はほとんど無いと言えます。

 

ただしまんこから玉ねぎ臭以外にもかゆみやかぶれなどの症状が同時に現れた場合には、一刻も早く婦人科などで診察を受ける必要があるとされています。

 

 

まんこから玉ねぎのような臭いがする時の対策方法は?

汗が原因でまんこから玉ねぎ臭がすると言う事は、この汗を抑えることが最も重要なポイントになります。

 

なので女性の中には手術によってまんこ周辺のアポクリン汗腺を除去してしまう方がいらっしゃいます。

 

ただこの方法は物理的に汗が出なくなりますので根本的な対策になっているのですが、それなりの費用がかかりますし場合によっては数日から数週間も休職の手続きなどが必要になるケースも見られます。

 

したがって手術で汗腺を除去してしまう方法は最後に選ぶべきだとされていて、まずは下着の選び方などで対策にしていくことが推奨されています。

 

例えば下着で重要になるとされているのは吸水性と速乾性ですが、これらは基本的にかいてしまった汗に対してのポイントになっています。

 

なのですそわきがの場合でも非常に有効な手段になっていて、吸水性と速乾性は高ければ高いほど臭いを押さえられるようになります。

 

また通気性も大きなポイントになっていて、溜まってしまった汗や臭いなどは外部に出してしまう事が最も良い対策になります。

 

そこでカギになるのが通気性で風通しが良い素材のショーツを着用していれば汗が乾きやすくなりますしこもってしまった臭いも外に排出されやすくなると言えます。

 

まんこから玉ねぎのような臭いがする場合は性行為中にばれるの?

基本的にすそわきがは刺激の強い臭いになりますので、女性としてはパートナーとの性行為も気になる点になっています。

 

ただこの性行為中にバレるかどうかについては半々になるとされています。

 

と言うのも一般的に性行為を行う前には男女共にお風呂に入りますので、かいてしまった汗は流れますし石?やシャンプーの香りの方が強くなります。

 

なのでパートナーがまんこ周辺に顔を寄せたとしても玉ねぎ臭を感じる可能性は低いと言えますので、この場合はほぼバレないとされています。

 

しかしパートナーが性行為に時間をかけるタイプだった場合には途中で汗をかいてしまう事によって臭いが発生する事がありますし、そもそもシャワーなどを浴びずに性行為を行う方もいらっしゃいます。

 

したがってこの場合は臭いでバレてしまう可能性は非常に高いのですが、前もって性行為を行うと分かっている場合には対策が可能になります。

 

その具体的な対策になるのは、オリモノシートなどに何らかの匂いをつけておいてそれをまんこ周辺にうつしてしまう方法になります。

 

なお、この方法は普段からのすそわきが対策の一環にもなっていますので、できれば常日頃から匂い付きのオリモノシートなどを利用しておいた方が良いとされています。

このページの先頭へ