MENU

まんこの洗い方が不十分だとどうなる?

まんこには、汚れは蓄積します。

 

体の他のパーツと同じく、やはりその箇所にも蓄積する訳です。

 

当然その汚れは、取り除く必要はあります。

 

そうでなければ、悪臭が生じてしまうからです。

 

 

雑巾のような臭いが発生する

女性によっては、たまに陰部から生じている悪臭で悩んでいる事があります。

 

雑巾などを干した時には、生乾きの悪臭が発生するでしょう。

 

陰部からも、それによく似た臭いが生じてしまう事もあるのです。

 

かなり強い臭いですから、本人としても悩んでいる事がよくあります。

 

 

汚れ除去が不十分だと雑菌が繁殖する

それで汚れは、雑菌類と大きな関係があります。

 

雑菌類は、どこにでも繁殖する訳でありません。

 

やはり汚れが蓄積している箇所などは、雑菌類の温床になってしまう傾向があります。

 

ですからまんこなども、たまに温床になってしまう訳です。

 

汚れをしっかり落としきれていないと、雑菌類が増加しやすくなる事だけは間違いありません。

 

そして上記でも触れた雑巾の悪臭は、その雑菌類が主な原因なのです。

 

人によってはまんこの洗い方が不十分な事もあります。それは、雑巾のような悪臭を作り出す一因になってしまう訳です。

 

まんこを洗いすぎるとニオイがかえって悪化するの?

まんこからの悪臭を防ぐ為には、洗浄する事自体は必要です。

 

だからといって、洗いすぎも注意を要します。臭いが更に強くなる事もあるからです。

 

 

洗いすぎは乾燥を招きやすい

臭いが気になっている方々は、しばしば細かく洗浄を行いすぎています。

 

しかし、それに程度の問題があるのです。

 

というのもむやみに洗浄してしまいますと、該当箇所は乾燥しやすくなる傾向があります。

 

むやみに乾燥してしまうと、肌がデリケートになる事もあるでしょう。

 

 

洗浄し過ぎるとまんこの悪臭が強くなる

それでまんこも、やはり体の肌の一部にはなります。そこをむやみに洗浄してしまえば、やはり状態は悪くなってしまう訳です。

 

まんこの自浄能力が低下してしまい、悪臭が強くなる事もよくあるのです。

 

そこを洗浄する事自体は、確かに大切です。

 

だからと言ってむやみに洗浄するのは、かえってマイナスになるので注意を要します。

 

まんこの正しい洗い方は?

まんこは、正しい洗浄方法もあります。

 

適切な洗い方を心がけてあげる方が、悪臭も発生しづらくなるのです。

 

 

タオルでなく手で洗う方が無難

まんこを洗浄する際は、できればタオルは使わない方が良いです。

 

タオルでもそこを洗う事自体は、物理的には可能です。

 

しかしタオルですと、ちょっと刺激が強すぎるのです。

 

タオルというより手で丁寧に洗う方が、悪臭も予防しやすい傾向があります。

 

 

丁寧な洗浄を心がける

それと洗浄する時は、とにかく丁寧さを心がけるのが望ましいです。

 

そもそも悪臭が生じている原因は、たいていは丁寧さです。

 

人によっては、洗い方が少々雑になっている事があります。

 

細かく丁寧に洗浄すれば汚れは除去できますが、やはり洗浄がいい加減ですと、どうしても悪臭が発生しやすくなるのです。

 

そもそもまんこは、形状も非常に複雑です。

 

しわとしわの間に汚れが蓄積している事も多いですが、それを丁寧に除去するよう心がければ、悪臭も発生しづらくなるでしょう。

 

 

泡をしっかり立てる

また洗浄時には、もちろん石鹸も使っていく事になります。

 

それで石鹸は、きちんと歯を立てるのが望ましいのです。

 

人によっては石鹸の泡立てが、少々不十分な事があります。

 

泡のボリュームが少ないと、汚れも除去しきれない事が多いのです。

 

きちんと泡を立てて洗浄するよう心がけるのも大切です。

 

まんこに溜まるマンカスはただの垢ではないの?

まんこに蓄積する垢は、恥垢と呼ばれます。

 

やや専門的な表現ですが、いわゆる蓄積物の1つである事は間違いありません。

 

それが悪い臭いを引き起こしてしまうのです。

 

 

起伏がある部分に蓄積しやすい

それで恥垢は、やや起伏が多い箇所に蓄積する傾向があります。

 

まんこはかなり複雑な形で、いわゆる山脈のようなイメージなのです。

 

それで恥垢がたまやすいのは、山と山の間です。

 

いわゆる谷の部分に、それが蓄積しやすい性質があります。

 

 

体には無害なものの臭いの原因にはなる

それで恥垢は、特に有害な垢ではありません。

 

しかしそれを放置しておくと、臭いの発生原因になってしまうのです。

 

恥垢は、尿やおりものが正体にはなります。

 

それが谷の部分に蓄積してから、あまり日数が経過していなければ、特段に大きな臭いが生じる訳ではありません。

 

しかし長い期間が経過すると、強い臭いが発せられる訳です。

 

ですから恥垢は、通常の垢とは少々違って、「やや悪臭を発しやすいタイプの垢」とは言えます。

 

ですから恥垢は放置せずに、やはり丁寧に除去する必要があるのです。

このページの先頭へ