MENU

40代のまんこは臭い?

 

女性が40歳前後になると強く意識し始めるのが更年期になりますが、この更年期とまんこの臭いには深い関係があります。

 

なので40代の女性はまんこからの臭いに悩みやすく、それが別の問題に繋がってしまい最終的には非常に大きな問題に発展する事があるとされています。

 

したがって更年期になるとまんこが臭いやすくなる理由やその対策を学んでおく事は、問題が大きくなる前に解決するためにも重要なポイントになっています。

 

 

40代女性のまんこが臭い原因は?

 

更年期になるとまんこが臭う理由

 

まず上記の様に基本的に40歳の女性のまんこが臭いやすくなるのは更年期が主な原因になっています。

 

そしてなぜ更年期になるとまんこが臭うのかと言うと、それはデーデルライン桿菌が重要なカギを握っています。

 

デーデルライン桿菌とは膣内に存在している体に良い働きをする善玉菌の一種で、主に乳酸を生成して膣内を酸性に保つ働きを持っています。

 

これがいわゆる膣の自浄作用になっていて、通常膣内では雑菌が繁殖しにくくなっていますし外部からの侵入も防げるようになっています。

 

しかし、更年期を迎える事で女性ホルモンが減少するとこのデーデルライン桿菌も比例して減少していきます。

 

そうなってしまうと外部から膣内に雑菌が入り込みやすくなりますし、侵入してきた雑菌が繁殖するスピードも早くなってしまいます。

 

したがってまんこ周辺から強い臭いを感じやすくなり、それが40代女性のまんこが臭うとされる理由になっています。

 

さらに、更年期になるとホルモンバランスも乱れやすくなります。
ホルモンバランスの乱れは皮脂の過剰分泌を招きますし、エストロゲンが減少しますのでパルミトオレイン酸が酸化しやすくなってしまいます。

 

そしてこの両方が体臭問題の原因になりますので、基本的に女性は更年期を迎えるとまんこが臭うようになっていると言えます。

 

基本的な対策とは

一般的にまんこは蒸れやすいので下着の選び方が対策の一つになっています。

 

この場合は主に通気性を重視する事で溜まってしまった湿気が排出されやすくなりますし、高い通気性は臭いが籠ってしまう事を防ぐ効果も期待できます。

 

また入浴もポイントになっていて、基本的に洗いすぎは良くないとされています。

 

 

臭いを気にする方の中にはまんこを力強く洗ってしまう方がいますが、この様な洗い方はまんこにキズをつけてしまう可能性がありますし常在菌まで洗い落としてしまうので逆効果になると言えます。

 

それに加えて膣内にまで指を入れて洗ってしまうと、アルカリ性の石?などを使っていた場合にはデーデルライン桿菌が一層減少してしまいます。

 

なので酸性の石?などで優しく丁寧に洗う必要があるとされています。

 

 

陰部と加齢臭の関係は?

 

 

まんこから加齢臭が発生する可能性とは

もう一つ40代の女性が気にする臭いと言えば加齢臭になりますが、この加齢臭もまんこが臭う原因になっています。

 

と言うのも、加齢臭の正体とは脂肪酸が酸化してできたノネナールと言う物質になります。

 

なので脂肪酸が多くの発生しやすい場所はそれだけノネナールもできやすく、基本的に皮脂腺の多い場所は脂肪酸が発生しやすいとされています。

 

そして皮脂腺の集中している場所の中にはまんこも含まれていますので、加齢臭が発生する可能性は十分にあると言るようになっています。

 

さらに、上記の様にまんこは蒸れやすいと言う特徴があります。

 

下着だけでもそれなりに湿気が溜まりやすいのですが、その上からストッキングや補正下着などを着用した場合にはなおさら蒸れやすくなり発生した加齢臭が強くなったりする事があります。

 

まんこの加齢臭を防ぐ方法

加齢臭の基本的な対策は酸化を防ぐことになります。こらは上記の通り脂肪酸が酸化したしたことでノネナールが発生しますので、それを防止する事が最善策になります。

 

そのためのポイントになるのが主に食事で、抗酸化作用の高い食べ物を摂取する事で酸化を防ぐことが可能になります。

 

そして抗酸化作用の高い物と言えばトマトや人参などに含まれているカロテノイドやイチゴやミカンなどに代表されるビタミンCになります。

 

したがってこの様な食品を意識して積極的に摂取するようにしたり、どうしても難しい様ならサプリメントを飲んで補う事が対策のポイントになっています。

 

逆にできるだけ摂取を避けた方が良いのは、肉類やバターになります。これらの食品は脂肪酸の分泌を促してしまいますので、食べ過ぎてしまうと脂肪酸の過剰分泌を招いてしまいます。

 

そうなってしまうと酸化してしまう脂肪酸が多くなり、それがノネナールの増加となって加齢臭が発生しやすくなったり臭いが強くなる可能性に繋がります。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ