MENU

恥ずかしいことではない!誰にでも起こる産後のまんこの悪臭

産後のまんこの臭いは誰にでもある!その原因とは?

 

人生の大仕事である出産を終え、大きなお腹からも痛みからも解放されたと思ったら、大変な子育てと自分自身の体の変化に悩まされる女性が多いのではないのでしょうか。

 

そんな中でも産後のまんこの臭いは、内容が内容なだけに周りに相談できず、自分だけではないのかと不安を抱える方もたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、産後のまんこの臭いは誰にでも起こりうることで、深刻に悩む必要はないのですよ。

 

産後のまんこの原因はいくつかあります。その中でも悪露は、臭いの大きな原因になっています。

 

悪露は、産後に子宮の中に残った血液や分泌液が排出されることで、経膣分娩の方で約1ヶ月、帝王切開の方で約2ヶ月続くと言われています。

 

悪露の量は、経膣分娩の方が多く、帝王切開の方は少ないのが一般的です。

 

この悪路自体、鉄のような臭いがあり不快感を覚える方もいらっしゃると思いますが、ナプキンやまんこなどに付着した悪露が長時間放置されることで雑菌が増え、さらに臭いが強くなってしまうのです。

 

生理の際も長時間ナプキンを交換しないでいると臭いが強くなる現象と似ていますね。出産直後数日間の悪路の量は特に多いので、また、経膣分娩の場合、予めまんこを切開したり、分娩中に自然と切れてしまいますが、この傷口の縫合箇所も臭いの原因になっていることもあります。

 

傷口に悪露や傷口からの血液、その他の汚れが付着して時間が経つと、当然雑菌が増え臭いが放たれます。

 

その他に、通常膣には自浄作用があり、外部からの雑菌から膣内をガードする働きがあるのですが、産後はホルモンバランスの崩れからこの自浄作用が弱くなり、膣内部に雑菌が増えやすくなってしまいます。

 

その為、細菌性膣炎が起こり、膣自体から臭いがするという場合もあるのです。

 

 

まんこからの深いな臭い、常に清潔を心がけて。その他の対象は?

産後のまんこの臭いは仕方の無いことだとは言え、できれば最小限に抑えたいものです。

 

臭いの対処法としてまずは、まんこの清潔を心がけましょう。

 

とは言っても、出産直後数日間は、悪露の量と切開の傷口からの出血がすさまじく、常に出血している状態になります。

 

ナプキンの交換をマメにすることはもちろんのこと、お手洗いへ行く度にウェットティッシュなどでまんこを優しく拭いてあげることをオススメします。

 

悪路の量が落ち着いてきた頃も、ナプキンの交換はマメに行い、まんこを綺麗に保ちましょう。

 

 

血液や分泌物は時間が経つと臭いがとても強くなってしまいます。

 

服を着ていても臭ってくるくらい強い臭いになってしまうこともあるので、要注意です。

 

また、入浴の際はまんこを綺麗に洗ってあげてください。

 

特にまんこを切開していると傷口に触るのが恐かったり痛かったりして、お湯でゆすいで終わりという方も多いのですが、それだけでは汚れと臭いは取れません。

 

石鹸の泡とともに、素手や柔らかい布で優しくまんこの汚れをふき取り、その後お湯でしっかりとゆすぎましょう。

 

すすぎの際はシャワーを活用することがオススメです。

 

水圧を弱めにしたシャワーで洗い流すことによって、細かい部分の汚れも流れやすくなりますし、臭いも一緒に流してくれます。

 

入浴の際にしっかりとまんこの汚れをリセットすることで、臭いを最小限に抑えることにとても効果的です。

 

ここで注意なのですが、一般的な石鹸やボディーソープはあくまでまんこの外側を洗浄するのに使用し、膣内部の洗浄には使用しないでくださいね。

 

誤って一般的な石鹸で膣内部を洗ってしまうと、膣内の環境が乱され、更に雑菌が増える原因となり臭いも強くなってしまうことがあります。

 

万一細菌性膣炎になってしまった場合は膣内部の洗浄が必要なのですが、膣には膣専用の洗浄剤があるので、医師や薬局などでアドバイスをもらい使用することをおすすめします。

 

 

異変を感じたらすぐに受診を。

 

恥ずかしいことではありません。

 

上記のように、まんこの清潔を心がけまんこのケアをすれば、臭いは最小限に抑えられます。

 

正しくケアをしていても血液や悪露自体に多少臭いがあるので、気になる方は良い香りのするナプキンを使用すると大分気が紛れますよ。

 

また、正しくケアをしているにも関わらず強い悪臭がしたり、微熱がある場合はすぐに病院で受診してください。

 

どこかが感染していたり、傷口が化膿している恐れがあります。まんこの異変は産後の女性に誰にでも起こりうることで、恥ずかしいことでは全くありません。

 

とにかく異変を感じたらすぐに受診をし、更なる悪化をなるべく早く防ぎたいものですね。

 

なので、産後は赤ちゃんだけでなく自分自身の体温の変化にも気をつけましょう。

 

なお、産後の肌はホルモンバランスの崩れもあり、特に敏感です。

 

まんこを洗う石鹸やボディーソープなども低刺激のものや敏感肌用のものを選ぶことをおすすめします。

 

まんこを洗う回数も増えると思うので、出来るだけ優しく丁寧にケアして、皮膚トラブルなども未然に防ぎたいですね。

 

このページの先頭へ