MENU

どうにかしたい気になるあそこのニオイ・・・。洗い方と対策

 

誰しも、ふと下着を脱いだ時や彼とのデート前などには、陰部のニオイが気になるものです。

 

多少のニオイは体調によっても変化しますし、誰もがありますが、不快に感じるほどのニオイはなんとかしたいですよね。

 

ここでまず正しい洗い方についてですが、石鹸をつけてゴシゴシと洗っている方はいないでしょうか?

 

また、膣の中まで石鹸で洗っているということはないでしょうか?

 

汚れを落としたい時はしっかりと洗わないと、と思いがちですが、実はそれは間違いなのです。

 

女性の膣には、元々自浄作用があります。なので、あまり石鹸でゴシゴシ洗ってしまうとその作用を邪魔してしまうことになり、逆効果となります。

 

一番良いのは、お風呂に入った時に石鹸をつけずにぬるま湯で流しながら、軽くこすって洗うことです。

 

膣の中まで指を入れて洗うことはオススメしません。しかし、やはり石鹸をつけなければ洗った気がしない、という方がいるでしょう。

 

そのような時には、陰部専用石鹸を使用することをオススメします。普通のボディソープとは成分が違いますので、陰部に優しく洗うことができます。

 

陰部はデリケートな部分ですので、キズがつくとそこからばい菌が入り、ニオイを悪化させることにも繋がります。なので、必ず「優しく」洗うようにしてください。

 

そこで、それでも気になった場合です。お風呂にで正しく洗った直後は安心ですが、時間が経ってからはいくら毎日お風呂で綺麗に洗っていても気になることがあります。

 

特に、急に彼や気になる人と約束ができた時には、その場でなんとかしたいものです。

 

まず、常に清潔に保つために、ウォシュレットが役に立ちます。

 

家以外のトイレでウォシュレットを使用するのに抵抗がある場合は、携帯用ウォシュレットを持ち歩くのも良いでしょう。さらに、気になったその瞬間には、陰部専用の拭き取りシートを使用するのも良いです。

 

こちらも洗う時同様に、陰部に傷をつけないよう、優しく拭き取る事を心がけてくださいね。

 

最後に、おりもののニオイ対策です。おりものがニオうと陰部も臭くなってしまいます。

 

生理が終わった直後など、おりものニオイが気になるタイミングには、膣の中まで洗いたいものですが、先ほど読んでいただいたように、膣の中まで洗うのは良くありません。

 

そういう時は、自浄作用を弱めてしまわない膣専用の洗浄器を使用しましょう。

 

これらの対策を正しくこなしていても、なぜか陰部のニオイが治らない、という時は産婦人科で受診する事をお勧めします。

 

というのも例えば、若い女性の間で近年増えているクラミジアなどの性病も陰部に悪臭をもたらす原因の一つだからです。

 

産婦人科のお医者さんは、たくさん性病を持った人も診てきているので、決してニオイがある状態で診察を受けるのは恥ずかしいことではありません。

 

正しく治療(処方されたお薬を1日?数日のんで治ることが多いです)を受ければ根本から原因を断つことができます。

 

是非これを参考に、正しく洗い、いざという時にあせらない対策をマスターしてみて下さい。

 

 

 

 

このページの先頭へ