MENU

年齢を重ねるに従って増える臭いを防ぐ努力

44歳・主婦です。

 

自分でデリケートゾーンの臭いを嗅ぐことは少ないですが、20歳を超えたころからです。
男性との行為の時に恥ずかしいと思うようになりました。

 

原因は自分ではわかりませんが、恐らく、生理周期によって異なるオリモノやそれに伴うかぶれ、生理時のナプキンによるムレが原因と思われます。
臭いの種類は生理周期によって様々ですが、無臭の時もあり、ツーンと酸っぱい臭いの時もあります。
性病に感染していたこともあり、その時は臭いがキツかったように思います。
オリモノシートをなかなか変えられない時は、生理中の出血の臭いよりもツーンと臭います。

 

女性に生まれたからには、ホルモンバランスによって生理周期も変わってきますし、
更年期に近づくとさらにおりものの時期も変化します。
ですから20代は、生理時にナプキンを使うだけでしたが、40代になった今はオリモノシート・多い日用ナプキン・普通の日用・軽い日用と4種類のどれかを
毎日使用しています。
そして、毎日お風呂では入念に洗うようにしています。
特に夏場はショーツでムレて、Vゾーンも含めてかゆいことがあります。
汗でかぶれて、ブツブツができたりもします。
これが臭いの原因になっているかは定かではありませんが、陰部だけでなく周辺も入念に洗います。
そして、ショーツに直におりものや出血がつかないよう努力しています。

 

20代、初めて男性と性行為をした時、なんの準備もしていなくて臭かっただろうなと思った苦い経験があります。
もちろん、普通に洗っていましたが臭いが恥ずかしいと思ったのは、この時が初めてです。
それからは陰部のケアも念頭に入浴するよう心がけていますが、
30代前半はおりものシートを使用していなかったので、婚活をしていて、いろんな男性とお付き合いをした中
性行為にまで急に発展した場面では、ショーツに染みがあったりして、ここでも恥ずかしい想いをしました。

 

現在は、旦那としか性行為はしていませんが、生理が終わりかけの時の行為は臭いが気になります。
女性は湿気があるのだから、臭いは当然だよ。と旦那に言われても、やっぱり気になります。
そして、トイレに置いてある汚物入れからの臭いも気になります。
1週間に2回はゴミとして捨てますが、その間使用済みのナプキンからも臭っている時があります。
特に生理中の出血したナプキンは水分量が多いためか、臭うような気がします。
こまめに捨てるよう努力しなければならないと改めて、感じました。

 

 

 

 

このページの先頭へ