MENU

私のまんこの悩みとその解消法について

私は33歳の専業主婦ですが、恥ずかしい話若い頃からまんこのニオイに悩み、コンプレックスを抱いています。
まんこのニオイの原因には諸説あるようですが、私はもともとの体質や遺伝が大きく関係しているのではないかと思いますし、基本的には適切なケアをしない限り、そのニオイは一生ついて回るものだと感じています。

 

私が最初にまんこのニオイに気付いたのは、初潮を迎えた小学校6年生位の頃だったと思います。
その頃からオリモノの量が激しくなり、それに伴って下着が激しく汚れるようになりました。トイレで下着を下すたびに、その汚れのニオイが鼻をつき、自分のまんこのニオイを痛感する日々を送ることになったのです。

 

自分でもニオイが気になるのだから、他人に嗅がれるなんて恥ずかしいと思っていた私。そんな私にも10代の後半に初めての恋人ができました。
しかしながらまんこに悩みを抱える私にとって、彼とセックスすることはとても恐ろしいことに感じており、なかなかその一歩を踏み出すことができませんでした。
自分のニオイのせいで嫌われるのでは?ニオイのせいで馬鹿にされたらどうしよう・・・という不安は私の体質的コンプレックスになっていたのです。

 

とはいっても彼と付き合いだして3か月位した頃、彼の誘いを断り切れずに結局彼とセックスすることになりました。
最初の時は彼も慣れていないこともありましたし、私もセックス前に丁寧にまんこを洗っていたこともあって気付かれなかったのですが、数回目のセックスの際に彼からとうとうまんこのニオイのことをセックス後に指摘されました。
その言い方が”ちゃんと洗ってる?臭かったよ”というような心ない言い方だったので、私は相当なショックを受け、それがきっかけで私の心は彼から離れたのです。
結局それ以降恋愛に臆病になり、女性として華やかな時代を暗い気持ちで過ごさなければなりませんでした。

 

そんな私が何年も悩み続ける中で出会ったのがクリアネオのボディーソープです。
毎晩入浴の際にクリアネオのボディーソープで丁寧にまんこを洗うことによって、ニオイが軽減しているのを実感。
その他にも肉類やチーズなどの乳製品の食べすぎもニオイの原因になり得ると聞いてから、極力野菜中心の食生活へのシフトチェンジもしています。
特にニオイの気になる排卵日頃や、生理中・生理後などには、スティックタイプの膣内洗浄薬を使ったりもして、ニオイ対策を積極的に行うようにしています。

 

まんこのニオイは体質的なものが大いに影響していると考えているので、基本的にはずっと悩みの種として生活しなければならないと考えると憂鬱にもなりますが、逆に適切な洗浄剤を使用し、正しい方法で洗うことや食生活・生活習慣を見直すことでも改善の余地もあるかと思います。
今後も悩みは続きますが、ケアを怠らないように心がけ、前向きな生活を送りたいです。

 

 

 

 

このページの先頭へ