MENU

産後のまんこのかゆみ臭いの原因について

 

昨今、産後の膣やまんこの臭いが気になる女性が多く見受けられます。

 

自分気付かれる方もいますし、旦那さんに気付かれる方もいます。

 

デリケートな部分なので改善したいのは当然です。

 

もしかしたら何かの病気かもしれないと思う方もいます。

 

しかし女性なら誰でもなるものなので安心して下さい。
と言っても心配されるのが当然です。

 

この原因ですが大きく分けて2つの原因が考えられます。

 

まず一つ目の原因は悪露と呼ばれるものです。

 

この悪露というのは出産した方の体内には出産時に傷ついてしまった内膜の一部や胎盤。
リンパ液の残り等が出続けている状態です。

 

女性の出産は激しいものですから、内部が傷ついてしまうのです。

 

しかしこの悪露が出るというのは悪い事ではないのです。

 

実際、体に必要の無くなったものですし女性の膣には元々が殺菌作用もありますし傷を治そうとする作用もある為に産後しばらくは分泌物が排出されます。

 

そしてそれは、血液の臭いです。それがするのは当然の事です何故なら血が混じっているのからです。

 

産後1週間は少なくとも血の臭いがして色に関しても生理の時に近い色をしています。

 

しかもそれが多量に排出されるので初めて見る方はとても驚かれる事です。

 

そしてこの悪露というのがどの位の期間続くかというと、当然の事ながら個人差はありますが約1ヵ月〜1ヶ月半程と言われています。

 

そしてその悪露が出続ける期間はよく匂いや色を観察しておいてください。

 

最初は酷かった匂いや色も落ち着きを取り戻していきます。

 

大体酷いのは1週間前後と言われ、2週間程で落ち着いていきます。

 

内部でも傷が治ってくるために出血も少なくなります。

 

その為色も血の色から普通のおりもののような黄色い色に落ち着いてきます。

 

そして1ヵ月程で殆どの女性が無色透明になり匂いも気にならなくなるはずです。

 

それが回復した特徴なので経過をよく見ておいてください。

 

そして悪露の匂いがキツイと感じた時は滅菌処理後の産褥パッドを使用して下さい。

 

産褥パッドはナプキンのようなものです悪露は多量に出る為にナプキンでは足らなくなってしまいます。

 

その点、産褥パッドであれば、オムツに近い吸収率と大きさです。

 

母体の事をよく考えて作られているのでその期間は活用する事を勧めます。

 

して、ウォシュレットを使って洗浄する事も良いです。

 

期間中は悪露が多量に出るので、膣や性器周辺に付着しやすい環境でもあります。

 

なので清潔にしたいと考える方は活用する事を勧めます。

 

そしてもし回復の傾向が1月経過しても見られなければ病院に相談してみて下さい。

 

 

 

 

このページの先頭へ