MENU

まんこが魚の生臭いにおいの原因

まんこの臭いは男性よりも女性のほうが悩むものです。
やはりまんこの匂いまで知られるというのはそれなりに親密な関係になっている筈です。
そんな相手に自分の女性器から悪臭が放たれていたらと思うと恥ずかしいという言葉では足らない筈です。そして匂いの種類にも様々あります。
その中でも魚臭かったり生臭い等の匂いを感じた事もあると思いますが、もしそういう方がいたら気を付けて下さい。いつもと少し違うなんていうレベルではありません。
もしその悪臭がするとしたら、それは細菌性膣炎の可能性があります。その症状としておりものが悪臭を放つようになり、色は灰色っぽいような薄い黄色のおりものが出たりするのも特徴です。
そして、この原因としてあげられるのが、疲労が溜まっていたり、重度のストレスがかかっていたりまた子宮内避妊具を使っている方もなりやすいと言われています。
そして最悪なのが不特定多数との性交渉によってもなりやすいです。そして予防法としては、なるべく疲労やストレスをためない事もそうです。
疲労が溜まってしまうとストレスも溜まりやすくなりますし、ホルモンバランスが崩れて他の病気にもかかりやすくなります。そして性器の膣洗浄を過度にしすぎない事も大切です。
あまり過度な洗浄は膣内に必要な菌まで洗い流してしまう可能性がある為です。そして、不特定多数との性交渉をしない事。
またさらに、ナプキン等の生理用品はこまめに変えて、清潔に保つ事も大切です。正し、これは理解してほしいのはこの時点では細菌性膣炎は性病ではありませんのでしっかり対策をすれば改善されます。
さすがにこの悪臭は放ち始めたら、水洗いだけでは菌が退治しきれないので、治すのは不可能です。
最初の方は天然ハーブで出来た、ジャムウ石鹸で洗うだけでも菌が膣内に入り込むのを防ぐ為、少しずつ治っていきます。
そして早く治したい方には膣内洗浄液であるインクリアとジャムウ石鹸を併用すると尚更良いです。
このインクリアは膣内の酸性バランスというものを保ちつつ、菌の繁殖を防ぎ、膣内環境を整えてくれます。そうする事によって、細菌性膣炎を改善する事が出来ます。
そしてインクリアは産婦人科でも推奨されています。そして、もし症状が悪化してしまった場合には病院に行く必要があります。
そして悪臭以外の症状で性器周辺で我慢できない程の痒みや痛みが増えたり、おりものの色が変化したり、量が増えたりした時には性病の可能性もあるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ