MENU

まんこが臭い時に考えれれる病気とは

まんこ特にその入り口は、雑菌の侵入を阻み自浄作用のために酸性に保たれているのが正常な状態です。よって、通常の臭いは乳酸などに似たすっぱい臭いです。しかし、病気や体質など何かの原因があると、すっぱい臭いよりももつと強烈な悪臭がすることがあります。
悪臭のタイプは、わきが臭・夏場のゴミ捨て場臭・魚が腐ったような悪臭といろいろです。また、納豆やブルーチーズなど発酵食品の匂いが腐って強烈な悪臭を放っていることもあります。
このように悪臭のタイプはさまざまなのですが、すっぱい匂い以外は他人は悪臭と感じているかもしれないので要注意です。
まんこから悪臭がする場合は、性病にかかっている可能性があります。
膣カンジダ症はよく知られている性病で、一種の真菌の増殖が原因です。痛みやかゆみ、白いおりものがカンジダ症の症状の特徴で、カンジダ症そのものはほとんど無臭なのですが細菌性膣炎を併発するときつい悪臭が発生します。緑がかった黄色のおりものや膿が出てかゆみの症状もある淋菌感染症も、膣や子宮の炎症からきつい悪臭がする性病です。また自分では症状に気づきにくい性病のひとつに、クラミジア感染症があります。クラミジア感染症は将来不妊症につながることもある病気で、白いおりものや不正出血とともにまんこの臭いが強くなることもあります。さらに、性行為以外でも感染する原虫の規制による膣トリコモナス症では、褐色できつい悪臭のおりものが症状の特徴です。
このように、まんこの悪臭に加えてかゆみや痛み、おりものの症状が見られた場合は病気かどうかを病院で検査して、もしそうであれば治療を受けることが先決です。
性病以外でまんこから強い悪臭がするというケースでは、すそわきがの可能性もあります。すそわきがというのは、わきがと同じメカニズムでアポクリン汗腺という汗腺から出た汗に雑菌が繁殖して強烈な悪臭を放つものです。
すそわきがは病気ではないので、デリケートゾーン専用に作られた消臭アイテムで対策をすることができます。デリケートゾーン専用の石けんをよく泡立てて丁寧に洗ったり、陰毛が多い・長い方はカットすることで汗の付着と雑菌の繁殖を抑えることが可能です。また、すそわきが専用の消臭クリームも各種登場しています。
すそわきがの悪臭は、アポクリン汗腺から出た汗に雑菌が繁殖して生じるものですから、汗をかいたらできるだけすぐに流し通気性がよくしめつけの少ない下着をつけることも大切です。

 

 

 

 

このページの先頭へ