MENU

生乾きのようなまんこの臭いの原因とは

まんこの不快な臭いには、いろいろなタイプがあり原因や対策も異なります。
臭いの中で、洗濯物を部屋干ししたり生乾きの状態の時に感じるような悪臭がする場合には、まんこに雑菌が発生している可能性があります。

 

この生乾きのような臭いは、ひどくなると雑巾に例えられる悪臭になることもあり他人からも気づかれてしまうケースもあります。

 

 

雑菌の繁殖による生乾きのような悪臭は、生理中に発生しやすいという特徴があります。

 

それは、尿や汗で臭いやすいまんこに月経の血液やおりものが付くことや、いわゆるスソワキガの体質がある方の場合はホルモンの関係などもあって悪臭が強くなりがちだからです。

 

また生理中はナプキンを使用することでまんこの温度や湿度が普段よりも上がり、蒸れやすい環境にあります。

 

この環境は雑菌にとって住みやすく繁殖しやすい環境なので、生理中は生乾きのような悪臭が発生しやすいと言えます。
生理中の悪臭対策の第一は、まずはこまめにナプキンを交換することです。

 

 

長時間使っているナプキンには雑菌が繁殖していますから、生理が軽くなってあまり汚れていないナプキンも2,3時間以内には取り替えるのが基本です。

 

また、普段からまんこを丁寧に洗うことも重要な対策です。

 

経血が多い時にはお湯で優しく、デリケートゾーン専用の石鹸を使うのも効果的です。

 

石鹸はよく泡立てて使い、力を入れすぎないことがポイントです。

 

 

陰毛が長いと丁寧に洗うことが難しくなったり経血がこびりつきやすく臭いの原因になりがちです。

 

陰毛の量が多かったり長い方はカットすることで清潔を保ちやすくなります。
汗や蒸れは悪臭の原因になりますから、下着選びは通気性が第一です。通気性のよいこと、締め付けの少ないタイプの下着が蒸れを防ぎます。

 

雑菌は、経血が多い時にだけ繁殖するのではなく湿気があると繁殖しやすくなります。
しっかり乾燥していない下着は蒸れの原因になりますから、清潔でよく乾いた下着を身に着けること、おりものシートなどを上手に活用し汚れていなくてもこまめに交換するなど注意することで生乾きのような悪臭の原因を減らすことが可能です。

 

ナプキンやおりものシートには、匂い付きのものもいろいろ販売されています。

 

しかし、おりものシートなどの匂いと菌が繁殖して発生性する悪臭が混ざり合うことでさらにひどい悪臭が発生してしまうこともありますから要注意です。清潔と湿気対策で悪臭を発生させないことが大切です。

 

 

このページの先頭へ