MENU

まんこからヨーグルト臭からする原因

まんこの問題は男女問わずデリケートな問題です。

 

その中には当然性病や臭いなどの悩みも含まれています。

 

 

自分が最初に気付いて対処してしまえば問題は無いのですが、もしパートナーに先に知られてしまった場合、パートナーは大丈夫、と言ってくれるかもしれませんが、疑心暗鬼になってしまう事もありますし、何よりパートナーに知られてしまうのは恥ずかしくて仕方がないと思います。

 

そして臭いには種類がありますが、ヨーグルトのような匂いは嫌かと思います。

 

勿論、女性の膣内は殺菌作用がありますから多少酸っぱい匂いがする事もあるかもしれませんが、これがあまりにも強くなってくると話は別です。

 

 

 

基本、その悪い菌を殺してくれる菌というのは一定量はいるものなのです。

 

そして、その菌が過剰に増えてしまっても臭いを放ちます。

 

女性は特にストッキングをはく方も沢山います。

 

その為に密閉されて蒸れやすくなってしまうのです。

 

 

ましてその状態で動く為にどんどん汗をかきますので、大変です。

 

基本汗は無臭ですが、生理の時やおりものと混ざってしまうと酷い臭いを発してしまう恐れがあります。

 

そしてヨーグルト臭いというのはデーデルライン桿菌というものが原因の一つとして考えられます。

 

これは決して悪いものではなく膣内の浄化の為にいてくれていますのでよいものなのです。

 

体に悪い菌は酸に弱いので酸性に保たれているのですが、これが減少してしまう時があります。

 

特に疲労が溜まっている時や膣内を洗いすぎてしまった時です。

 

その時は悪い菌が増殖してしまう為に匂いの原因になったりします。

 

あともう一つの可能性として考えられるのが病気の可能性です。

 

もしいつもと違う匂いがした場合は病気の可能性も疑う必要があります。

 

対策としては、陰毛を処理するという手もあります。

 

 

そんなの聞いた事がないと思う方もいらっしゃるかと思いますが、日本以外の欧米等では主流です。

 

全部剃る必要まではないですが、カットしてスッキリするのも良いです。

 

カットする事で見た目もすっきりしますし通気性も良くなりますから、菌が増殖するのを抑えてくれます。

 

それに加えて、病気になるリスクも減らす事が出来るのです。

 

そして陰毛が短ければおりもの等が絡まったりする事も無くなりますから菌の増殖も抑える事もでき匂いもしなくなる可能性があります。

 

そして洗いすぎる事もよくありません。

 

人間の身体には常在菌という皮膚を守ってくれている菌もあります。

 

強く擦ってしまう事により、その菌も洗い流してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

 

 

 

このページの先頭へ